Skip to content

総量規制に関するQ&A

20131227152732mypbw

Q.総量規制とは何ですか?

総量規制とは個人の借入総額が、原則としてその方の年収等の3分の1までに制限される仕組みを指します。

総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け=個人がお金を借り入れる事」のみで、「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」については総量規制の対象にはなりません。
ただし、個人が事業用資金として借り入れたものは、原則、総量規制の対象にはなりません。

また、一部除外または例外となる借入れもあります。

Q.総量規制はいつから始まったのですか?

改正貸金業法が完全施行されたは、2010年6月18日から始まりました。

改正貸金業法自体は、2006年12月に成立しましたが、金融会社側のシステム対応の準備期間や、利用者側への影響も大きい事から、段階的に施行されてきましたが、2010年6月18日に完全施行となり、総量規制など含む、すべての規定が施行されました。

Q.全てのカードローン・キャッシング、ローンが総量規制の対象になるのですか?

総量規制の対象となるのは「貸金業者からの借入れ」であり、貸金業法に基づかない「銀行の貸付け」「銀行のカードローン」等は、総量規制の対象外です。
クレジットカードによるキャッシングは、「貸金業者」として「貸金業法」に基づき、金銭の貸付けを行っている為、送料木瀬の対象となりますが、クレジットカードで商品やサービスをリボ払い、分割払い、ボーナス払いで購入した場合は、「割賦販売法」が適用されますので、そちらは総量規制の対象外となります。

Q.連帯保証人を付けても自分の年収の3分の1を超える借入れはできないのですか?

たとえ保証人を付けたとしても、年収の3分の1を超える借入れを貸金業者から行う事は出来ません。

Q.現在、銀行からの借入残高が年収の3分の1を超えていますが、これ以上の借入れはできないのでしょうか?

前述の通り、総量規制は、貸金業者からの借入れを対象としたものですので、銀行からの借入は総量規制の対象外となります。
ですから、銀行からの借入れ及びその他貸金業者との合算で、借入残高が年収の3分の1を超えていたとしても、貸金業者からの借入のみで3分の1を超えていなければ、総量規制には抵触しません。

また、銀行のカードローンも、銀行の借入れと同様に、総量規制の対象とはなりません。

Published in土曜・日曜・祝日OKなカードローンの基礎知識